自転車遊び=BikinG

ネット通販の落とし穴


 便利なネット通販も品目によっては、うまくいかないこともあります。自転車はまさにこれに当たると考え、今のところ当店では通販を行っていません。

 自転車購入にはカウンセリングが必要と考えます。スポーツタイプはもちろん普段の足代わりの自転車にも多くの種類、サイズ、メーカーなどの選択肢があります。これを間違うと、走らない、壊れやすい、乗りにくい、疲れやすい、最悪の場合ひざなど体を壊してしまうような不具合が生じます。時に一般論では解決しないこともあり、直接お客様にお会いして話をして、五感をフル活用して、軽い・重い・硬い・やわらかい・速い・鈍い・遠い・近い・窮屈・ゆったり・かっこいい・ダサダサ・違和感無い・どこか変・予算オーバー・安ッ!・・・など意見交換して、お客様一人一人の乗り方、目的、用途にぴったり合う自転車をご提案することも自転車屋『BikinG』の仕事と考えます。複数の候補が上がれば、それぞれのメリット・デメリットをおせっかいにもお知らせして選択のお手伝いをします。そして、既製品そのままではうまくいかないこともよくあることで、一部の部品を交換して解決することもできます(見積もり無料)。さらにこだわれば、オーダーメイドも可能です。
 こういったやり取りは現在のインターネット技術では無理があります。

 また自転車の特殊な流通形態も通販には適していません。詳しくは別にコラムを設けますが、一つ言えることは、自転車は意外ときゃしゃで(特に横方向からの力に対して)、メーカー工場から半完成品で出荷されてくるわけですが、輸送中に調子が狂ったりまた壊れたりすることを前提としていて、小売店において最終チェック(事実上の組み立てやり直し)をすることになっています。その後、完全整備済み品を直接お客様に納車できれば問題ないわけですが、通販となれば再び運送業者の手に委ねる訳で、大きな木箱にでも完全包装できれば安心なのですが、非常にかさばる荷物となり送料が現実離れしたものになってしまいます。結局現状は未完成品が送られてお客様が組み立ての一部を負担させられているようです。となれば、マニュアル通りの作業しかできず、他に不具合が生じていてもそのままになってしまいます。組み立て家具ならまだしも、自転車は小さな不具合でも大事故につながることもあります。
 これはある意味で不良品を承知の上で販売しているようなものです。良識のあるメーカーには通信販売を認めていないところもありますが、こんな理由があるのです。

 また通販においては、後々の修理アフターサービスでお客様にご不便やご迷惑をお掛けすることにもなりかねません。(自転車店によっては他店購入分の修理おことわり!のところもあるようです。もちろん『BikinG』ではどちらでご購入された自転車でも、修理だけのお客様でも大歓迎です。)

 さまざまな理由があり、現在のところ通信販売はおことわりしています。
 ただし、どうしてもお困りのときはダメ元で一度ご連絡ください。以前、岐阜県高山市まで直接配達した実績あります。ドライブが大好きなスタッフですので。
 なお、ディスカウントストアやホームセンター、さらには自転車専門店と呼ばれている店の中にも、こういった本来自転車店のするべき仕事ができない、またはできるけど手を抜いているところがあるようですが、『BikinG』ではこの点に自信を持って仕事していきたく思います。

関連コラム★改めて通信販売の話。

お問合せ先

次のコラム

コラムのトップページ
トップへ
トップへ
戻る
戻る